竹原稔社長(サガン鳥栖)のwikiプロフィール・経歴や大学は?息子・妻や年収・評判も!

こんにちはKJです!

佐賀市の畑瀬信芳副市長が旧市立富士小体育館の改修工事を巡り、市予算を流用した問題が浮上して話題になっておりますね!

そして、癒着相手の一人として、サッカーJ1・サガン鳥栖の運営会社「サガン・ドリームス」の竹原稔(たけはらみのる)社長が相手とされます。

ニュースを見てこの竹原稔社長について詳しく知りたくなった方もいらっしゃるはず!

そこで今回は竹原稔社長の

  • wikiプロフィール・経歴(大学・生年月日)
  • 妻や息子はいるか
  • 年収や評判

などについて調査しました!

スポンサーリンク

竹原稔社長(サガン鳥栖)のwikiプロフィール・経歴(大学・生年月日)は?

竹原稔(たけはらみのる) 株式会社サガン・ドリームス代表取締役社長

生年月日:1960年12月29日

出身地:兵庫県伊丹市
出身校:北陽高等学校

尊敬する人:田中角栄
おすすめ本 :『ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則』

パワー飯:ビビンバ
底力の源:一心不乱。 引用 社長チップス

竹原稔(たけはらみのる)さんは現在J1で活躍するチーム「サガン鳥栖」の親会社「ガン・ドリームス」の代表取締役社長です!

生年月日は1960年12月29日で現在58歳です!

自身の出身地は兵庫県伊丹市で、24歳で佐賀県に移り、1996年の36歳の年には株式会社ナチュラルライフを設立します。

その後、株式会社サガン・ドリームスの非常勤取締を経て、2011年5月に現在の代表取締役社長に就任することになります。

そして、驚いたのは竹原稔さんは何と大学をを卒業していないとのこと!

大学は入学したものの中退してしまったようなので扱いとしては高卒となります。

そして、目を見張るべきは竹原社長の経営手腕。

竹原社長の就任1年目だった2011年度の営業収益は6億8900万円が、2017年度の営業収益は33億5000万円にもなり、5倍近くの収益に膨れ上がっております。

サガン鳥栖にあのフェルナンドトーレスを加入させるといったあたりも交渉上手なのが伺えますね。

竹原稔社長(サガン鳥栖)に妻や息子はいる?

さてそんな竹原稔社長ですが家族構成はどうなっているのか気になり調べてみました!

竹原稔社長は結婚して妻もいて、竹原哲平さんという息子さんもいらっしゃいます!

そして、なんと竹原哲平さんは 佐賀市のスポーツ事業会社「サガスポーツクラブ」の社長を務めているようです!

親子そろって経営者とはすごいですね。

竹原哲平さんは次男とのことなので、恐らく竹原稔社長には3人のお子さんがいらっしゃるんですかね。

ちなみに竹原哲平さんはお父様に顔が似てらっしゃいます!

ただ、一部では竹原社長が息子を佐賀のバスケットボールチームの社長にしているのを、ワンマンであると思う方もいらっしゃるようですね。

竹原稔社長の年収は?

そして、気になるには竹原稔社長の年収です。

サガン鳥栖は2017年1月期決算の営業収益で、クラブ史上最高の28億円を超える収益を叩きだすなど、ここ数年は右肩上がりできております!

そして、同じく社長を務める「株式会社ナチュラルライフ」もちゃんと黒字経営ですね!

社長の年収も気になるところですが残念ながら公表されておりませんね。。

参考に産労総合研究所データによると企業の社長の平均年収は3476万円だそうです。

会社役員の年収

会長:3693万円
社長:3476万円
副社長:2947万円
専務:2433万円
常務:1885万円
取締役:1556万円 引用 nenshuu.net

ただ、このデータは上場企業が半数以上を占めるので、上場していないサガン・ドリームスの役員は平均よりは下になるのではないかと思っております。

しかし、サガン・ドリームス、株式会社ナチュラルライフと2社の黒字企業を経営しているのでそれなりに社長年収の平均に近い年収を得ているのではないでしょうか。

個人的には竹原稔さんは社長としての年収は3,000万あたりと予想しております。

ただ、今回話題になっている佐賀県体育館をめぐる癒着問題などを見ると裏でいろいろやっていそうなので、実質の年収はもっとあるかもしれませんね。。

竹原稔社長の評判は?

竹原稔社長の評判ですが、サガン鳥栖に入団することになったフェルナンドトーレスは「私に対する信頼感をすごく感じられた」とインタビューでは回答しておりました。

下記がフェルナンドトーレスのコメントです。

「私に関していろいろなニュースが報じられていることは知っていたが、竹原社長は常に明快な形で、素晴らしい交渉をしてくれた。私に対する信頼感がすごく感じられたし、私や家族にとって日本は素晴らしい次の目的地であり、新しい文化、新しい言語、新しい国について学ぶことができ、幸福な生活を送れるだろうと考えるようになった」 引用 ascii.jp

経営手腕に関しては実際に結果が伴っているので、評価は高いのでしょう。

しかし、今回の癒着事件でいろいろと評価は変わってくることでしょう!

今回は竹原稔社長(サガン鳥栖)についての調査でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です