新元号(新年号)有力候補一覧!安久の意味・由来や未来人予想の安始も調査!

こんにちはKJです!

平成の次の元号の予想や候補が話題になっておりますね!

様々な予想がネットで予想されていますが、特に有力とされているのが「安久」や「安始」ですね!

そこで今回は

  • 新元号(新年号)の決め方や基準
  • 新元号の有力候補や予想
  • 「安久」の意味・由来や読み方
  • 未来人が予想している「安始」の噂

などについて調査しました!

スポンサーリンク

新元号(新年号)の決め方は?

ネットでは様々な予想がされている新元号。

気になるのは新元号(新年号)をどういう基準で決めるのかというところですよね。

調べてみると、政府は新たな元号は「1文字15画を上限とし、画数ができるだけ少なく、なじみやすい漢字を用いる」と公表しておりました。

最終的に3案に絞り込んだ上で決定するとのこと。

また、その他の基準としては「『平成』『昭和』『大正』『明治』の頭文字である『H S T M』と被らない年号」ということも報道されております。

まあ直近の年号とかぶるといろいろ支障来しそうな気もしますしね。

また、今回に限らず年号選定においては

  • 国民の理想としてふさわしい意味を持つ
  • 漢字2字
  • 書きやすい
  • 読みやすい
  • これまでに元号やおくり名として用いられていない
  • 俗用(日常的に使用)されていない

という基準もあるようです。

スポンサーリンク

新元号(新年号)有力候補や予想一覧!

さてそのような基準がある中でネットで噂されている有力候補や予想について見ていきましょう!

「ソニー生命保険」が2018年3月に新元号の予想を1,000人から集計したところ、下記のようなランキングになりました!

引用 産経新聞

1位が「平和」、2位が「和平」、3位が「安久」という結果になっております。

個人的には「平和」ってダイレクト過ぎるだろ~と思ってしまいました。笑

まあ「平和」は皆さまが望んでいることであるのは間違いないですね!

ただ、「『平成』『昭和』『大正』『明治』の頭文字である『H S T M』と被らない」「俗用(日常的に使用)されていない」といった基準に照らし合わせると一位の「平和」はまず無いでしょう。

「未来」「自由」「新生」なども俗用されているので候補からは外れます。

また、「平成」で既に使っている「平」を使うことも可能性は低いと思うので「和平」も無いんじゃないかと個人的には思います。

となると有力候補は3位にランクインしている「安久」あたりでしょうかね!

また、ネットでは他にも「安始」「安明」なども有力候補と予想されております。

「安」という漢字がつく元号の予想が人気のようですね!

スポンサーリンク

新元号(新年号)候補の安久の意味や由来・読み方は?

新元号(新年号)の有力候補である安久や安始の意味について調べてみました!

まず安久については「あんきゅう」と読む方が多く見受けられました!

読み方は音読みになるはずなので「あんきゅう」で正しいと思います。

意味についても気になるところですが、下記の「安」と「久」のそれぞれの意味を組み合わせてみるとまあ何となく予想はつきますね。

「安」:安泰なさま、安らかなさまであることを表す。

「久」: ながく時を経るさま。いく久しいさま。

「安久」は安泰(平和)な時間が長く続くような願いを込められて付けられる年号であると思われます。

また、「久」という漢字は赤ちゃんに名前を付ける際には「健康と長寿への祈りと、繁栄がいつまでも続くように」という想いも込められるようですね。

新元号の基準である「国民の理想としてふさわしい意味を持つ」は満たしていると思います!

スポンサーリンク

未来人「原田」予想の「安始」も有力?

さて他にも有力候補とされているのが「安始」です!

れは2058年からタイムマシンでやってきたと自称する未来人「原田」が平成の次は安始と予想して話題になっております!

かなりオカルトっぽいですがこの「原田」と名乗る人物は東京オリンピックの開催やリニア開通などいくつかの予想を的中させてきました。

ちなみに予想が投稿されているのが2013年ごろになります。下記が2chのスレになります。

2058年から来た未来人の2ちゃんの書き込みがすごい!第三次世界大戦は2021年から?“平成”の次は“安始”??

この「原田」の予想に関してはオカルト要素もあり、実際に外れている予想もあるので正直信憑性には欠けますが、この「安始」は予想としてはリアリティがあって良いですね。

2030年には「安始景気」が来るという予想もしておりました。

色々と予想が飛び交っておりますが、新元号がどうなるか楽しみなところです!

今回は新元号(新年号)の有力候補や予想についての調査でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です