レコード大賞がda pump「usa」じゃない理由は?ymcaダンスの意味やケンゾー涙動画も!

こんにちはKJです!

2018年12月30日に「第60回輝く!日本レコード大賞」が放送されましたね!

レコード大賞を取ったのは乃木坂46の「シンクロニシティ」となりました。

しかし、世論としてはda pump(ダパンプ)の「U.S.A」がレコード大賞にふさわしかったのではないか、と批判の声もあがっているようですね。

また、レコ大ではda pumpの曲中に西城秀樹さんの「y.m.c.a」の振り付けをはさんだり、メンバーのケンゾーさんが泣くシーンなども話題になりました。

そこで今回は、

  • レコード大賞がda pump「usa」じゃない理由
  • y.m.c.aダンスの意味
  • ケンゾーさんの涙

などについて調査しました!

スポンサーリンク

レコード大賞は乃木坂46「シンクロニシティ」!一方で不満の声も?

2019年のレコード大賞を受賞したのは乃木坂46の「シンクロニシティ」となりました!

乃木坂46は昨年の「インフルエンサー」に続き2年連続となりますね!おめでとうございます!

ただ、一方で話題性などから言っても「da pumpがふさわしいのではないか?」という声も多数あがっておりました!

確かに話題性や知名度からいくと2018年はda pumpの「U.S.A」に並ぶ曲は無かったようにも思えます。

レコード大賞がda pump「usa」じゃない理由は?

さて2018年一世を風靡したda pumpの「U.S.A」ですが、今回なぜレコード大賞を逃してしまったのでしょうか?

恐らく一番話題になった曲であることは間違いないので、理由が気になるところです!

色々調べてみると、「U.S.A」は海外のカバー曲であるから、といった理由が濃厚です!

da pumpが歌う「U.S.A」の原曲はイタリアのアーティスト、ジョー・イエローの「USA」という曲になります。

レコード大賞は「外国曲のカバーソングはNG」という風潮があるようで、過去には西城秀樹さんの「YOUNG MAN」も同じ理由でノミネートされなかったとのこと!

私も知りませんでしたが、カバー曲はNGなんですね。。

うーんノミネートはされたけど大賞は取れないことは確約されてしまっている状況ってのも考えものですね。。

da pumpのymcaダンスの意味は?

レコード大賞ではda pumpの「U.S.A」の曲の最後に西城秀樹さんの「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」のダンスをしていたことも話題になりました!

こちらは今年5月に亡くなられた偉大な先輩である、西城秀樹さんへのリスペクトを込めた意図でしょう。

また、ネットでは、カバー曲でレコード大賞受賞を逃した同じ境遇であることも含めてレコ大でパフォーマンスをしたのではないか、という意見も見られました!

da pumpケンゾー(KENZO)も涙!泣く動画も!

今回のレコード大賞でのインタビューではda pumpのメンバーであるケンゾー(KENZO)さんが涙を流すシーンもありました!

https://twitter.com/marine_yuma/status/1079376378263351296

感極まっており、涙がこらえきれなかったんでしょうね。

今まで色々なことがあったのかもしれませんが、こうやってda pumpメンバー皆で栄誉ある舞台にたてて幸せだったことでしょう!

今回はレコード大賞についての調査でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です