益子修(三菱自動車)の経歴や年収は?嫁(妻)や免許無し・眉毛が特徴的という噂も調査!

こんにちはKJです!

日産自動車、三菱自動車の会長であるカルロスゴーン氏が役員報酬の過少申告で逮捕されて話題になっておりますね。

この逮捕を受けて三菱自動車はカルロス・ゴーン氏の会長職と代表取締役の解任を決めました。

しばらくは三菱自動車では現在CEO(最高経営責任者)である益子修(ますこおさむ)さんが後任の会長職を務めることになります。

益子修さんですがどんな方か気になる方も多いと思うので今回は

  • 益子修さんの経歴・年収や嫁
  • 免許を持っていないという噂
  • 眉毛が特徴的であるという噂

について調査しました!

スポンサーリンク

益子修(三菱自動車)の経歴・学歴

引用 diamondonline

益子修(ますこ おさむ)さんは1949年2月19日生まれの三菱自動車工業の最高経営責任者(CEO)を務めている日本の実業家です。

今回カルロスゴーン氏の逮捕を受けてゴーン氏の後任として会長職にも就くことになりますね。

高校は海城高等学校、大学は早稲田大学政治経済学部を卒業しております。

偏差値70超えの超名門私立の海城高校を卒業して、早稲田大学政経とこれまた名門大学を卒業している素晴らしい学歴をお持ちの方ですね。

そして、大学卒業後は三菱商事に入社し、32年勤めた後に三菱自動車に転籍しております!

三菱自動車の生え抜きでは無かったんですね。

2000年、2004年と三菱自動車では大規模なリコール隠しが発覚しており、経営危機に瀕していた中で経営建て直しのために益子さんが転籍したようです。

そして2005年には三菱自動車で代表取締役社長を務めることになります。

2014年には会長・最高経営責任者(CEO)という肩書を持ちますが、2016年にカルロスゴーン氏が会長職に就任し、益子さんは社長兼CEOという肩書きに変わります。

その後、2017年6月の株主総会で、益子さんはCEOのみの肩書とすることを自ら発表しました。

そして2018年11月、カルロスゴーン氏の逮捕を受けて会長に再度就任することになるんですね。

ちなみに趣味はゴルフでインドネシア駐在時代には70台後半で回ったこともあるそうです!

スポンサーリンク

益子修(三菱自動車)の年収は?

さて三菱自動車では肩書きは変われど10年以上に渡り企業のほぼトップの役職に就いていた益子さん。

気になるのが年収ですね。

益子さんの年収ですが、直近では1億4100万円だったそうです!

例えばスズキ会長の鈴木修氏は2億2000万円、ホンダ社長の八郷隆弘氏は1億5500万円、三菱自CEOの益子修氏は1億4100万円だ。引用 ascii

すごいですね。。

ただ、スズキやホンダも含め億越えという高額の自動車業界の役員報酬ですが、海外に比べると低い水準なんですね。

ちなみにアメリカのゼネラル・モーターズのメアリー・バーラCEOは2017年には710万ドル(約30億円)、ドイツのフォルクスワーゲンのマティアス・ミュラー前CEOは1010万ユーロ(約12億9000万円)ももらっていたそうです。

日産自動車のゴーン氏も10億円ももらっていたようですし、外国人の役員報酬がすごすぎですね!

スポンサーリンク

益子修(三菱自動車)の嫁(妻)や子供は?

そんな益子修さんですが、30歳年下の嫁(妻)がいるそうです!

週刊文春2016年5月26日号では「開発はバカ」「ゴーン極秘交渉」「30歳下妻」という見出しで報道されていました。

30歳年下とは中々すごい年の差結婚ですね!

ちなみに報道されるまでは結婚していたことを公表していなかったようですね。

報道前まではずっと独身だと思われていたようです。

子供についての情報は探してみましたが見当たりませんでした。

スポンサーリンク

益子修(三菱自動車)の眉毛の角度がすごい?

益子修さんですが、眉毛が特徴的であると話題にもなっていたようですね。

カルロスゴーン氏と益子修さんの「眉毛の角度差がすごい」と注目されていたようです。笑

引用 fundo

八の字とVの字で並んでみると面白いという声も上がっておりました。

確かに眉毛が特徴的で注目してしまいますね!笑

スポンサーリンク

益子修(三菱自動車)はモータースポーツが嫌いで免許を持っていない?

三菱自動車のCEOや会長を務める益子修さんですがどうやら免許を持っていないという噂も流れているようです!

自動車会社の社長を経験しているのに運転免許を持っていないという事に不安を覚える方も多いようですね。

ただ、免許が無いという情報源が分からないので真偽については判断しかねるところがありますね。

https://twitter.com/Guerrer0x0/status/1066996984408530945

また、益子さんはモータースポーツも嫌いということでも有名です。

これは益子さんが就任してかえら三菱自動車がモータースポーツを撤退したことがきっかけに流れた噂だと考えられます。

ただ、個人的には益子さんがモータースポーツを一概に嫌っているというわけではない印象は受けました。

モータースポーツを撤退した理由としては、経営状況が悪い中でモータースポーツ部門の支出が多すぎたからだとインタビューでは語っています。

以前モータースポーツから撤退したときは、従来の「パジェロ」や「ランサーエボリューション」による出場は、市販車へのフィードバックと言う意味で役割を果たしたと考えました。しかもヨーロッパのモータースポーツ部門に年間数十億円も使っていたので、三菱自動車本体が厳しい時にそんなトコロにお金を出していたら社会的に許されない、という事情もありました。 引用 autoc-one

また、EVなどを使う新しいモータースポーツならチャレンジしていきたいとも語っておりますので、モータースポーツの撤退は経営的な事情があったのだと考えられます。

ただ、三菱自動車のモータースポーツ車のファンにとっては反感をくらうことになってしましましたね。

今回ゴーン氏が逮捕されて、後任として三菱自動車の会長を務める益子修さんですが、今後の会長職としての手腕に注目ですね!

今回は益子修さんについての調査でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です