ダム放流するとどうなる?理由・なぜされるかや緊急放流の影響・仕組みも調査!

こんにちはKJです!

台風19号が関東地域で甚大な被害を起こしており、「ダムの緊急放流」をしている地域もあることが報道されておりますね。

さて、ダムの緊急放流ということですが、ダムの放流をされるとどうなるのか、理由や仕組みなどについて知り合い方もいらっしゃるはず!

そこで今回はダム放流の影響や仕組みなどについて調査しました!

スポンサーリンク

ダム放流はなぜされる?緊急放流する理由や仕組みも調査!

まずそもそもダムは大雨による洪水を調節することを目的とされております。

大雨による洪水が起こりやすい時期は、あらかじめ水位をさげておき、洪水調節のための容量を確保したりもしているんですね。

そして、洪水時にダムを放流する理由としては、ダムの容量がいっぱいになってしまうと、ダムの決壊の可能性があるからですね!

洪水の全てを貯めるとダムが満杯になり、洪水調節が行えなくなってしまいダムが機能しなくなります。

継続している大雨などにも対応しなくてはならないので、適宜ダムの水量を調節しなくてはならないんですね。

氾濫時は特にダムの機能は重要となってくるので、放流が必要になってきます。


引用 yahoo.co.jp

ダム放流をするとどうなる?緊急放流の影響や氾濫の可能性は?

さて、ダム放流をするとどうなるのか、ということですが、要は今までせき止めていた水を放流するわけなので下流にある水位は上昇します!

特にダム緊急放流が警告される場合は、氾濫の可能性も高くなっている状態です。

ただ、大幅に下流の推移が上昇しないように、水位調節してくれるのがダムの役割です。

なのでダム放流は被害を最小限に収めるために行われるわけですが、ダム緊急放流のレベルになるといよいよ氾濫の可能性も高くなっております。

ダム緊急放流などが行われている地域の方は避難など備えをしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です