カルロスゴーン逮捕理由の報酬過小申告で脱税額はいくら?罪状や保釈の可能性は?

こんにちはKJです!

日産自動車のカルロス・ゴーン会長(64)が自身の報酬を有価証券報告書に過少申告した疑いで、ゴーン会長が逮捕されましたね。

日産自動車会長就任のときはかなり期待を込めた注目をされていましたが、まさかこんな形で注目を浴びてしまうとは、、

今回は日産自動車の会長カルロスゴーン氏の

  • 逮捕理由
  • 報酬過少申告の金額や脱税額
  • 罪状や保釈の可能性

について調査しました!

スポンサーリンク

カルロスゴーン逮捕はなぜ?理由や罪状・罪の重さは?

引用 毎日新聞

今回日産自動車の会長カルロスゴーン氏が逮捕ということでかなり話題になっておりますね。

逮捕理由は役員報酬を有価証券報告書に少なく記載したということ!

ちなみに企業の役員報酬については「年間1億円以上の報酬を得た役員の氏名と金額を個別に開示すること」と金融庁に義務付けられているんですね。

上場企業の社長の報酬総額が1億円以上の割合はおよそ8%と少ないですが、日産自動車の会長であるカルロスゴーン氏は1億円以上の役員報酬をもらっており開示義務があります。

その役員報酬をカルロスゴーン氏は過少に申告してしまったんですね。

罪状は「金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)」です!

罰則は下記の通り。

(有価証券報告書の虚偽記載)
10 年以下の懲役若しくは 1,000 万円以下の罰金に処し、又はこれらを併科する。 引用 大和総研

懲役があるので結構重い罪の部類に入るかと思います。

スポンサーリンク

カルロスゴーンの報酬過小申告はいくら?脱税額や役員報酬額も!

さて気になるのがカルロスゴーンさんの報酬過少申告の金額などです!

カルロスゴーンさんは2011年3月期~15年3月期の役員報酬、計約99億9800万円を、計約49億8700万円と有価証券報告書に虚偽の記載をしたとのこと!

約50億円に近い虚偽申告とはかなり大胆ですね!今までバレなかったのが不思議なくらいです。

脱税額も気になり調べてみましたが、役員報酬の税金計算はかなり複雑そうですね。。

参考になりそうなものはないか探していたら、オリックス宮内元会長の役員報酬「54億円」の税額予想をしていた記事を見つけました!

ざっくりと計算すると、合計の所得税は10億9200万円です。内訳は、退職所得にかかるものがほとんどで、10億7800万円ですね。さらに住民税が2億7400万円ほどになります。」引用 オリックス宮内元会長の役員報酬「54億円」 税理士が予想した「税金」はナン億円?

役員報酬54憶円に対してざくっと11億円弱の税金がかかっているのではないかと予想されておりますね。

厳密には所得の内訳が違うので何とも言えないですが、カルロスゴーン氏の脱税額も10億円程度となるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

カルロスゴーン解任で保釈の可能性は?今後の動きは?

カルロスゴーン氏が解任になり、逮捕もされたようですが、保釈されるのか気になるところですよね!

私としては保釈金や賠償金を払ってそう長くないうちに保釈されると予想しております!

財力もありますし、お金を払って解決と予想する方も多いようです。

また、カルロスゴーン氏の保釈後は故郷のフランスに戻るのではないか、と予想している方もいますね。

ちなみにカルロスゴーン氏はフランスとブラジルの2重国籍らしいです。

日本にいても激しいバッシングを受けるので、保釈後は海外に飛ぶという可能性は高いでしょうね。

お金もたんまり持っているので日本にも居すわる理由がありませんしね。

今後のカルロスゴーンさん関連のニュースに注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です